収益・費用・利益/税理士法人信和綜合会計事務所

信和綜合会計事務所
代表者のコラム  メルマガ最新号
 
信和綜合会計事務所トップページへ戻る 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の事務所案内です 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の業務案内です 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の料金についてのページです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の乗り換えキャンペーン紹介ページです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)のお徳パックの紹介ページです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の設立支援無料サービスです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)のお客様の声です 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)のFAQです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)へのメールによるお問合せフォームです
 目から鱗シリーズサービス業 > 収益と費用
               



V 目から鱗の決算書(チェックポイント編)



  1.収益と費用

   @収益
     商品やサービスを提供することによって得られる代価。
     お金を増やすもの。

   A費用
     収益を得るために支払う商品やサービスの対価。
     お金を減らすもの。

     設例の事業の場合、収益に該当するものは、売上高です。費用に該当するものは、給料と家賃です。



  2.利益

     利益とは、事業から発生するもうけのことです。
     収益−費用で計算されます。
     +(プラス)であれば、お金を増やし、−(マイナス)であればお金を減らします。
     なお、−(マイナス)の利益のことを損失といいます。


     例えば、もっと簡単に考えましょう。

     もともと100円のお金を持っていました。
              




     そのお金で100円の商品を仕入れました。
              





     仕入れた商品を150円で売りました。
              


     100円で仕入れた商品を150円で売ったことにより利益が50円発生し、
     同時に手持ちのお金が50円増えて150円になりました。
     会計なんてこれだけのことなのです。
     設例の1〜2月は、上記と同じようなことを示しているにすぎません。






目から鱗シリーズのトップへ戻る   前ページへ  次ページへ


トップ 事務所案内 業務案内 料金 乗換キャンペーン 開業支援パック 会社設立 相続パケット よくある質問 お問合せ  

〒541-0043 大阪市中央区高麗橋4-5-13 淀屋橋サテライトビル8階 「淀屋橋駅・肥後橋駅より徒歩5分以内」 (地図)      TEL 06-6221-1467

目から鱗(サービス業) 信和綜合会計事務所


Copyright(c) Shinwa Accounting Corporation.All Rights Reserved.