固定費・変動費/税理士法人信和綜合会計事務所

信和綜合会計事務所
代表者のコラム  メルマガ最新号
 
信和綜合会計事務所トップページへ戻る 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の事務所案内です 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の業務案内です 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の料金についてのページです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の乗り換えキャンペーン紹介ページです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)のお徳パックの紹介ページです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の設立支援無料サービスです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)のお客様の声です 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)のFAQです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)へのメールによるお問合せフォームです
 目から鱗シリーズサービス業 > 固定費と変動費
               



V 目から鱗の決算書(チェックポイント編)



   3.固定費と変動費

    @固定費
      売上高の増減と関係なく金額が変動しない費用。

    A変動費
      売上高に比例して金額が増減する費用。
 
      設例の事業の場合、固定費には、家賃とジャッギーに対する給料の中の、固定給部分が該当します。
      また、変動費には、ジャッギーに対する給料の中の歩合給部分が該当します。

    Bジャッギーの給料
      ここで4月から雇用したジャッギーの売上と給料の関係を見てみましょう。
      以下が全額を固定給にした場合と、一部のみを固定給にした場合で比較した図です。

          



          


    C固定給と歩合給の優劣 

      それでは、固定給と歩合給では、どちらが望ましいでしょうか?
      Bの図中の「利益(損失)」は、ジャッギーを雇用することによる利益損失)を意味します。
      つまり、ジャッギーの事業に対する貢献を示します。
      この利益(損失)に着目してみましょう。


      ジャッギーの売上が10万円のとき
      全額固定給の場合は、20万円の損失が発生することになりますが、
      一部固定給で歩合給を採用した場合は、10万円の損失で済むことになります。

      ジャッギーの売上が50万円のとき
      全額固定給の場合は、20万円の利益が発生するのに対し、
      一部固定給で歩合給を採用した場合は、10万円の利益しか発生しないことになるのです。


      つまり、計算上は、どちらが有利とは言い切れないのです。
      ただし、状況によって話は変わります。


      集客が順調で、従業員のモラル・やる気が高い場合などは、固定給としても良いかもしれません。
      これとは逆に、集客に苦戦していたり、売上が従業員のやる気に影響されやすい事業の場合など
      は、歩合給の採用を検討しても良いでしょう。


      経営者としては、事業をとりまく状況をタイムリーに把握し、適切に固定費・変動費のバランスをと
      ることが必要です。



目から鱗シリーズのトップへ戻る   前ページへ  次ページへ


トップ 事務所案内 業務案内 料金 乗換キャンペーン 開業支援パック 会社設立 相続パケット よくある質問 お問合せ  

〒541-0046 大阪市中央区平野町3-3-9 湯木ビル6階 「淀屋橋駅より徒歩5分以内」 (地図)      TEL 06-6221-1467

目から鱗(サービス業) 信和綜合会計事務所


Copyright(c) Shinwa Accounting Corporation.All Rights Reserved.