第4四半期卸売業編/税理士法人信和綜合会計事務所

信和綜合会計事務所
代表者のコラム  メルマガ最新号
 
信和綜合会計事務所トップページへ戻る 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の事務所案内です 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の業務案内です 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の料金についてのページです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の乗り換えキャンペーン紹介ページです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)のお徳パックの紹介ページです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の設立支援無料サービスです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)のお客様の声です 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)のFAQです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)へのメールによるお問合せフォームです
 目から鱗シリーズ卸売業 > 第4四半期(10〜12月)
               

 
第4四半期(10〜12月)  


10月

13.デビット      「10月20日に、6月売上分の手形が決済されて、お金が入ってきました」

11月
 
14.デビット      「ピクトリア社長、大変です!11月20日期日の丙社の手形が不渡りとなったようです!」
   ピクトリア社長 「不渡り?何よそれ?とにかく、あなたの友達の弁護士に連絡しなさい!」
15.トール弁護士 「連絡を受けて調べましたが、丙社は11月21日に自己破産(注3)を申し立てたようです」
   ピクトリア社長 「何ですって〜!?デビット!すぐに丙社との取引を止めなさい!」
   デビット      「申し訳ありません。11月分は既に納品済みです」
   トール弁護士  「破産申立の代理人弁護士に確認しましたが、丙社は街金(注4)からもお金を借りていた
             ようで、債権の回収は無理ですね」
   ピクトリア社長 「あなたそれでも弁護士なの!何とかしなさいよ!!」
   トール弁護士  「そう言われましても、無理なものは無理です」
   デビット      「ハラ先生にも連絡しましょう!」
16.ハラ税理士   「デビットさんから連絡を受けました。ピクトリア社長、そもそも債権管理は、取引開始時
             の後の状況の把握
が大切なのです。倒産という事故が発生してから慌てても遅いのです」
   ピクトリア社長 「はぁ・・・」


 
12月

17.ハラ税理士   「今期は、貸倒損失(かしだおれそんしつ・注5)を計上しなければなりません。
             今後はこのようなことがないように、与信管理を徹底していかないといけませんね」
   ピクトリア社長 「与信・・・管理・・・?」
   ハラ税理士   「商品を販売する場合、相手を信用して、代金回収を一定の時期まで猶予することがあ
             ります。商売では、このように相手を信用すること、つまり、信用を与えることを与信とい
             います。与信管理というのは、相手先の状況を把握して、その条件で取引を行ってもよ
             いのか、どのくらいの規模まで取引してもよいのか、などを考える方法のことです。
             相手先の発するシグナルを見逃さず、効果的な情報収集・分析をすれば、貸倒のリスク
             を減少させることができると思います」
   ピクトリア社長 「相手先の状況も把握せずに、売上ほしさに簡単に契約するのは、かなり危険だってこ
             とね・・・反省します・・・」
             「ハラ先生!
             今後は社内で与信管理ができるようにスパイスの利いたアドバイスをお願いします!!」
   ハラ税理士   「わかりました」


           ●商品A販売個数 140個(乙社40個×3ヶ月+丙社10個×2ヶ月)
           ●売れ残り      60個(前月残高50個+仕入50個×3ヶ月−販売個数140個)


D 貸 借 対 照 表
  (12/31 現在)
資 産
現金及び預金 2,100
   
売掛金 4,800
商品 6,000
   
   
   
   
負 債
買掛金 5,000
   
純資産
資本金 10,000
利益剰余金 ▲ 2,100
(内 当期純利益 ▲ 4,760
I 損 益 計 算 書
 (10/1〜12/31)
費 用
売上原価 14,000
人件費 1,500
貸倒損失 5,500
地代家賃 300
支払利息 60
   
   
 当期純利益 ▲ 4,760
収 益
売上高 16,600
   
   
   
   
   
   
   

 

 

  売 上 高 (乙社分商品A販売120個×売価@120)+(丙社分商品A販売20個×売価@110)
  売 上 原 価 商品A販売140個×原価@100
  貸 倒 損 失 丙社に対する売掛金の貸倒額(1,100円)+丙社に対する手形の貸倒額(4,400円)
  当 期 純 利 益 収益(16,600円)-費用(21,360円)
  利 益 剰 余 金 前月残高(2,660円)+当期純利益(△4,760円)
  受 取 手 形 前月残高(3,300円)+丙社手形回収10.11月(2,200円)−丙社手形の取立入金(1,100円)−丙社に対する手形の貸倒額(4,400円)
  売 掛 金 前月残高(5,900円)+売上高(16,600円)−乙社振込入金(14,400円)−丙社手形回収10.11月(2,200円)
−丙社に対する売掛金の貸倒額(1,100円)
  商   品 売れ残り60個×原価@100
  短 期 借 入 金 前月残高(3,000円)−借入金返済10〜12月(3,000円)
  現金及び預金 前月残高(6,460円)+売掛金の振込入金10〜12月(14,400円)+丙社手形の取立入金10月(1,100円)−買掛金の支払10〜12月(15,000円)−人件費(1,500円)−地代家賃(300円)−借入金返済10〜12月(3,000円)−支払利息(60円)
   
赤字部分が資金収支


(注3)破産手続を債務者(借主)自らが申し立てること。
(注4)小規模な高利貸金業者。               
(注5)債権の回収が不能となったことによる損失額。

 

  
 

 








 

目から鱗シリーズのトップへ戻る   前ページへ  次ページへ


トップ 事務所案内 業務案内 料金 乗換キャンペーン 開業支援パック 会社設立 相続パケット よくある質問 お問合せ  

〒541-0046 大阪市中央区平野町3-3-9 湯木ビル6階 「淀屋橋駅より徒歩5分以内」 (地図)      TEL 06-6221-1467

目から鱗(卸売業) 信和綜合会計事務所


Copyright(c) Shinwa Accounting Corporation.All Rights Reserved.