第3四半期小売業編/税理士法人信和綜合会計事務所

信和綜合会計事務所
代表者のコラム  メルマガ最新号
 
信和綜合会計事務所トップページへ戻る 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の事務所案内です 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の業務案内です 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の料金についてのページです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の乗り換えキャンペーン紹介ページです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)のお徳パックの紹介ページです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の設立支援無料サービスです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)のお客様の声です 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)のFAQです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)へのメールによるお問合せフォームです
 目から鱗シリーズ小売業 > 第3四半期(7〜9月)
               


7月

 

13.カルロス社長 「頑張ってくれたので、クリステル君に夏季賞与600円を出すぞ」
   クリステル   「カルロス社長、ありがとうございます。今後も頑張ります!」
14.クリステル   「カルロス社長、今月も商品Bは、全く売れませんでした」
   ハラ税理士  「商品Bは品質が低下しつつあります。原価割れとなっても早く処分された方が良いのでは?」
   カルロス社長 「残念ですが、仕方がありませんね・・・」
            ●商品A販売個数 10個 (売れ残り0個)
            ●商品B販売個数  0個  (売れ残り4個)

G 貸 借 対 照 表
  (7/31 現在)
資 産
現金及び預金 1,400
商品 1,600
   
   
   
   
   
   
負 債
   
短期借入金 1,000
   
純資産
資本金 1,000
利益剰余金 1,000
(内 当期純利益 ▲500
T 損 益 計 算 書
 (7/1〜7/31)
費 用
売上原価 1,000
人件費 1,400
地代家賃 100
   
   
   
   
 当期純利益 ▲500
収 益
売上高 2,000
   
   
   
   
   
   
   

 

 

  売 上 高 商品A販売10個×売価@200
  売 上 原 価 商品A販売10個×原価@100
  当 期 純 利 益 収益(2,000円)−費用(2,500円)
  利 益 剰 余 金 前月残高(1,500円)+当期純利益(△500円)
  現金及び預金 前月残高(2,000円)+売上高(2,000円)−仕入高(1,000円)−人件費(1,400円)−地代家賃(100円)−借入金返済(100円)
   
資 金 収 支


   
 

8月

 

15.カルロス社長 「商品B(原価@400)は、全く売れないので、@300(原価割れ)で4個全て売り払うことにしよう」
   クリステル   「何とか全部売れました。今後はもっと売れる商品を仕入れていきましょう」
   ハラ税理士  「売れ筋商品を見極めることも重要ですね」
   カルロス社長 「そうですね。良い勉強になりました」
            ●商品A販売個数 10個 (売れ残り0個)
            ●商品B販売個数  4個  (売れ残り0個)

H 貸 借 対 照 表
  (8/31 現在)
資 産
現金及び預金 2,600
   
   
   
   
   
   
   
負 債
   
短期借入金 900
   
純資産
資本金 1,000
利益剰余金 700
(内 当期純利益 ▲300
U 損 益 計 算 書
 (8/1〜8/31)
費 用
売上原価 2,600
人件費 800
地代家賃 100
   
   
   
   
 当期純利益 ▲300
収 益
売上高 3,200
   
   
   
   
   
   
   

 

 

  売 上 高 (商品A販売10個×売価@200)+(商品B販売4個×売価@300)
  売 上 原 価 (商品A販売10個×原価@100)+(商品B販売4個×原価@400)
  当 期 純 利 益 収益(3,200円)−費用(3,500円)
  利 益 剰 余 金 前月残高(1,000円)+当期純利益(△300円)
  現金及び預金 前月残高(1,400円)+売上高(3,200円)−仕入高(1,000円)−人件費(800円)−地代家賃(100円)−借入金返済(100円)
   
資 金 収 支


 

 

9月


 
16.カルロス社長 「商品A(原価@100)の売上が好調なので、今月から仕入を20個にしよう」
   クリステル   「そうですね、どんどん売上げていきましょう」
17.クリステル   「商品Aの売れ行きは好調でしたが、さすがに2個売れ残りましたね」
            ●商品A販売個数 18個 (当月仕入20個−当月売れ残り2個)

I 貸 借 対 照 表
  (9/30 現在)
資 産
現金及び預金 3,200
商品 200
   
   
   
   
   
   
負 債
   
短期借入金 800
   
純資産
資本金 1,000
利益剰余金 1,600
(内 当期純利益 900)
V 損 益 計 算 書
 (9/1〜9/30)
費 用
売上原価 1,800
人件費 800
地代家賃 100
   
   
   
   
 当期純利益 900
収 益
売上高 3,600
   
   
   
   
   
   
   

 

 

  売 上 高 商品A販売18個×売価@200
  売 上 原 価 商品A販売18個×原価@100
  当 期 純 利 益 収益(3,600円)−費用(2,700円)
  利 益 剰 余 金 前月残高(700円)+当期純利益(900円)
  現金及び預金 前月残高(2,600円)+売上高(3,600円)−仕入高(2,000円)−人件費(800円)−地代家賃(100円)−借入金返済(100円)
   
資 金 収 支


 

目から鱗シリーズのトップへ戻る   前ページへ  次ページへ


トップ 事務所案内 業務案内 料金 乗換キャンペーン 開業支援パック 会社設立 相続パケット よくある質問 お問合せ  

〒541-0046 大阪市中央区平野町3-3-9 湯木ビル6階 「淀屋橋駅より徒歩5分以内」 (地図)      TEL 06-6221-1467

目から鱗(小売業) 信和綜合会計事務所


Copyright(c) Shinwa Accounting Corporation.All Rights Reserved.