貸借対照表・損益計算書/税理士法人信和綜合会計事務所

信和綜合会計事務所
代表者のコラム  メルマガ最新号
 
信和綜合会計事務所トップページへ戻る 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の事務所案内です 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の業務案内です 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の料金についてのページです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の乗り換えキャンペーン紹介ページです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)のお徳パックの紹介ページです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)の設立支援無料サービスです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)のお客様の声です 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)のFAQです 信和綜合会計事務所(大阪の税理士事務所)へのメールによるお問合せフォームです
 目から鱗シリーズ小売業 > 損益計算書・貸借対照表
               



V 目から鱗の決算書(チェックポイント編)


1.損益計算書 ・ 貸借対照表

@損益計算書と貸借対照表の特徴
   ●損益計算書
    月間・年間など一定期間の動きを示すもの。
    1〜12月の損益計算書(NY)の合計が、事業年度の損益計算書(Z)となっています。

  ●貸借対照表
    月末・年末など特定時点の状況を示すもの。
    12月末の貸借対照表(L)は事業年度の貸借対照表(M)と同じとなっています。


A損益計算書とは

    会社の一定期間の利益(儲け)を計算するもの。

    収益(≒収入)から費用(≒支出)を差し引くことにより計算します。

    正式な決算書では、利益の発生原因別に区分して計算しています。


B貸借対照表とは

    会社の特定時点での財政状態を示すもの。
       

 




C損益計算書と貸借対照表の関係

    損益計算書により計算された利益相当額だけ、貸借対照表の純資産の部が前期より増加します。
    つまり、損益計算書と貸借対照表は、利益でつながっているのです。
    なお、純資産の部の増減を示しているのが、株主資本等変動計算書です。


目から鱗シリーズのトップへ戻る   前ページへ  次ページへ


トップ 事務所案内 業務案内 料金 乗換キャンペーン 開業支援パック 会社設立 相続パケット よくある質問 お問合せ  

〒541-0043 大阪市中央区高麗橋4-5-13 淀屋橋サテライトビル8階 「淀屋橋駅・肥後橋駅より徒歩5分以内」 (地図)      TEL 06-6221-1467

目から鱗(小売業) 信和綜合会計事務所


Copyright(c) Shinwa Accounting Corporation.All Rights Reserved.